安全

犬の体に優しくなった発酵野菜

「犬の体に優しくなった発酵野菜」
よく健康の為に野菜をたくさん摂った方がよい等の話があります。ですが、犬達にとっては野菜を消化・吸収する酵素を
持っていない為に、消化・吸収出来ずに便秘や下痢になってしまうことが多いのです。
そのため、パートナーである飼い主にとっても野菜は摂取させにくいものです。しかし、そんな野菜を発酵することで、消化・吸収しやすくした「発酵野菜」があります。

そもそも発酵とは、自然バランスのままの微量成分、19種類のアミノ酸、乳酸菌、酢酸等の有機酵素に加え、ビタミン、ミネラル、何十種類ものオリゴ糖類を豊富に含みます。また発酵、熟成の段階で栄養素を消化済みの為、
胃腸に負担をかけずに栄養成分を吸収することができ、体内での消化酵素が浪費するのを抑える働きがあります。
そんな酵素には潜在的酵素と食物酵素という2種類の酵素があります。潜在的酵素は、生まれながらに体内に持った酵素で、増やすことが不可能な酵素であり、年齢とともに減少します。

一方、食物酵素は食物が元々持っている酵素で、食べることで摂り入れることのできる酵素です。
酵素は不足すると病気や悪い症状が表れ、無くなってしまうと、何を食べても消化・吸収できなくなってしまいます。
そのような発酵の力で作られた「発酵野菜」は、アリルプロピルジスルフィド(植物由来の犬の溶血成分)を完全に分解しており、腸内良性菌のエサとなる繊維質を多く含む為に、犬のお腹にも優しいものです。

また酸性食品の為、悪玉菌が住みにくく、乳酸菌等の善玉菌がよい腸内環境を与えてくれます。
中でも、酵素100%のものは賞味期限が長いのが特徴です。
そんな「発酵野菜」は犬にもよりますが、香りが苦手な子もいると思います。そんな場合には、普段与えているドライフードや生肉などに少量混ぜることで、独特の香りも中和され、食べやすくなります。
みなさんの愛犬の健康で丈夫な身体作りのためにも、野菜を混ぜたドッグフードを一度試してみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2011 sougoueiyousyokunokijyun All Rights Reserved.